日本レロイ株式会社

企業情報

HOME  >   企業情報  >   レロイ社について(レロイ・シーフード・グループの歴史)

レロイ社について

レロイ・シーフード・グループの歴史

 レロイ・シーフード・グループの創業は、100年以上前の19世紀末にさかのぼります。漁師と農家を兼業していたオーレ・ミッケル・レーエンがベルゲンの魚市場で鮮魚の販売を始めたのが始まりで、レーエンは自分で獲った魚も他の漁師から買い取った魚も販売していました。そのうち徐々に手を広げ、ベルゲンでの小売りや新鮮な貝類の販売、それに輸出も始めるようになりました。 そして1939年、レーエンのもとで働いていたハルバルト・レロイとエリアス・フジェルトスタッドの2人が会社を興しました。それが現在のレロイ・シーフード・グループの中核的販売会社のひとつ、ハルバルト・レロイ社となったのです。

 創業以来、ハルバルド・レロイ社はノルウェー水産業界における多くの分野で常に新しい事にチャレンジしてきました。水産物製品の市場開発に常に力を注ぎ、市場の開拓をし続けてきました。そのパイオニア精神は現在でもグループの中に息づいています。
 またレロイ・シーフード・グループは、養殖事業の拡大を積極的に続けました。そして販売などの事業に行なった投資により、レロイ・シーフード・グループはノルウェーだけでなく世界有数の鮮魚流通業者としての地位を確立しました。
 今現在、レロイ・シーフード・グループは販売促進部門、生産部門において多くの関連子会社や関連会社を有する総合水産企業です。

レロイ社の歴史

戻る